任意売却をお願いする際の委任状について

住宅ローンの返済が出来なくなったときに住宅を売却してローンの返済にあてる方法を任意売却と言います。他には、競売にかけて売却する方法もありますが、任意売却の方が売却額が大きい傾向にあります。一方で、任意売却を行うためには、ローンを借入れしている金融機関に抵当権の抹消をしてもらう必要があるのですが、そのためには金融機関の合意が必要です。
申請や交渉を個人で行うことも可能ですが、その場合、金融機関の用意した不動産屋を利用するなど金融機関の都合で話が進んでいくこともあります。不動産屋・コンサルティング・士業など様々な相談窓口が用意されていますので、一度相談してみると良いです。相談のあとで実際にお願いするのであれば、委任状を作成する必要があります。もし、一社だけにお願いするのであれば、委任状の他に専属専任委託契約の締結も必要になります。一社利用でしたら、親身になってもらえるメリットもありますし、住み替えのために家を売る手引き書|ローンが残っていても売却できる?その際数社を平行した場合にはお互いを比べられるメリットもありますので、状況を見ながら適切にお願いしていくと良いです。委任状の作成の際には、印鑑証明、身分証などの書類も必要になりますので、あらかじめ必要書類を確認して準備しておくと速やかに話が進みます。